ビジネスホテルのサービスの多様化と低価格化

出張の多いビジネスマンにとって欠かせないのが出張先での宿泊先として利用できるビジネスホテルです。

ぎりぎりの日程を組むことによって日帰りで出張を行うようにすることでコスト削減を試みる企業も増えてきているものの、出張先での仕事が立て込んでいたり、いくつもの取引先を訪れなければならない場合にはやはり宿泊が必要になります。その際には眠るための宿泊施設があれば良いと考えてしまう人が多いため、旅館等よりも安価なビジネスホテルを利用することが一般的になっています。

しかし、主要都市においてはその数も多いことから価格やサービス、駅からの距離等の立地条件を加味して選ばなければならない状況ができています。ホテル側も強豪相手が多いことから、他の業者にはないサービスを提供することによってできるだけ空室を作らないように努力を重ねています。

特に重要視されるのが価格と朝食であり、ベッドメークやシーツ交換などをなくすことによって宿泊費を下げたり、パンとコーヒー程度の簡単な朝食をサービスすることによって付加価値を高めたりすることにより集客効果を上げることがよく目論まれています。一方、ビジネスの場面では付き合いのために夜遅くまで居酒屋で飲んでからホテルに訪れる人も多いことから、24時間いつでも布団と対応するのが一般的になっており、どれだけ安価な場所であったとしても顧客第一のサービス提供が常識的に行われるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *