浅草のホテルも全室禁煙が一般的です

浅草にあるホテルに宿泊をするメリットは、観光の拠点を作ることで下町への散策が気軽にできる点が挙げられます。

家に帰る場合でも、1~2時間で帰ることができたとしても、ホテルに泊まれば当日は夜遅い時間帯まで色々な場所に出掛けることができる、翌日は朝早い時間帯から行動ができるメリットがあります。特に、浅草寺の雷門などは日中になると多くの人々が訪れるため、記念写真を撮影したくても人が邪魔になって思うように撮影ができないケースも少なくないわけです。

こうした経験をされている人も多いかと思われますが、早い時間帯に出掛ければ人数も少ないため、イメージ通りのスナップショットを撮影できるなどお勧めです。浅草は東京都の台東区にある町の名前で、最近は受動喫煙などが社会問題になっている関係からも、喫煙は決められた場所で行うことが義務付けられています。飲食店や喫茶店などでは分煙化が進んでおり、気軽に席でタバコを吸うことはできなくなっています。

これはホテルにおいても同じで、浅草エリアにあるホテルや旅館は部屋での喫煙はできません。但し、施設内に喫煙所が設けてあるので、タバコを吸いたい時にはこうした施設の有無を確認しておくと安心なのではないでしょうか。逆に、全室禁煙になっているので、タバコを吸わない人にとって、部屋に入った時に臭くないなどのメリットにも繋がって来ます。部屋の中は空調設備がありますので、前に利用していたお客さんが喫煙者などの場合、部屋の中に臭いが残りますが、全室禁煙であれば安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *